皆さんの自宅の近くには隠れ家的なカフェはあるでしょうか?コーヒーショップはたくさんあっても、地元の人がコーヒー1杯で何時間もゆっくり過ごしているようなカフェはあまりないのではないでしょうか。私の住んでいるところの近所には、そんな地元の人に愛される隠れ家的なカフェがあります。老夫婦が自宅を改装して営んでいるカフェなので、特に気取った料理があるわけではありませんし、コーヒーも高級豆を使っているというわけでもありません。そしてサービスと言えるものは、コーヒーを自分の前に置いてくれるくらいのものです。しかし、この等身大の感じが非常に心地よく、サービス過剰の現代社会の中でマニュアル化されていない本当の癒やしを与えてくれる気さえします。老夫婦の方もカフェでお金を稼ぐよりも、むしろ地元の人の居場所を作りたいという思いでカフェを営業しているようです。老夫婦が作ってくれた等身大の癒やし空間に、これからもありがたく通わせてもらいたいと思います。

今日は朝から麻婆丼が食べたくなったので、麻婆豆腐を作りました。
丼にする場合、麻婆豆腐の固さというか緩さはどうするのが良いんでしょうかね。
とりあえず今回は固くしてみることに。

で、麻婆丼を食べて、残った麻婆豆腐は冷蔵庫へ。
そしてさっき食べたんですが、固めに作ったはずなのにビシャビシャになってました。
そう言えば麻婆豆腐って冷蔵庫入れるといつもこんな風になりますよね。
とても迂闊でした。

豆腐が水分多い食材なので、それから時間経過で水が出てこんな事になっちゃうんですかね?
こうなるとご飯に乗せても丼って感じじゃないので、何回か麻婆丼を食べたかったら、豆腐じゃなくてナスとか春雨で麻婆丼を作るべきだったかもしれません。

味も薄れてますし、一旦片手鍋に入れて塩や唐辛子で味をつけ、片栗粉で再度とろみを付けましたが、片栗粉を入れすぎてゼリーみたいな感じになっちゃいました。
麻婆豆腐は作れるだけ作らずに、食べきれる分だけ作るべき料理だなと反省です。