先日、映画の「時をかける少女」を見直していたのですが自分との高校時代と重ね合わせたのですが、なんとも虚しくなってしまいました。自分が体験できていないものだからこそ映画として楽しめるというのはあるのですが、自分の高校生活ももっと楽しめたのではないかと考えさせられてしまいました。現実の私は普通の高校生で特に何もない生活でした。しかし、理想ではアニメのような恋愛をして青春したかった。その理想と現実のギャップに少し後悔を覚えています。私はこの映画を見て、自分の人生に悔いがないように生きようと心改めて生活を見直そうと考え直しました。今後どんな映画を見ても自分の体験として思い出せれるような羨むだけで虚しさが残るのはもう嫌だと思う。この映画が素晴らしいものであるからこそ私は今回のように感じたと思い、他の映画でも自分の考え方が改めさせられるような作品に出会いたいと思いました。どんなものが自分の考えを変えるのかはわからないのでたくさんの作品をどんどん見ていきたいと思います!冷え性 サプリ