雪の宿はどの年代が食べても鉄板のお菓子かと思ってました。

久しぶりに雪の宿を購入しました。一面は甘い物が塗られている物と反面は塩っ辛いせんべいです。
一時ハマり毎日、取り憑かれていた様に食べていました。
それから数年後、又子どもと一緒に食べてみようと思い購入しました。
ロイズのチョコレートチップスを初めて食べた時も、甘い物としょっぱい物の延々のループを可能にしたお菓子だ!と驚愕しました。
そんな事で言えば、その走りになったお菓子なのではないでしょうか。
6歳の長男とは、自宅で一緒に食べた事が無かったので、初めてのお菓子なのではないかと思っていました。
ただ、おやつとして保育所で食べている様子で、あれは好きじゃないと言うのです。すっかり喜んで食べてくれるものだと思っていただけに残念な気持ちになりました。
一枚だけと散々私から訴え、食べましたが、やっぱりおしくないと数口で止めてしまいました。
誰もが好む味だと思っていただけにびっくりしてしまいました。長男は大体私の選んだお菓子を美味しいと褒めてくれるので、好みが一緒だと思っていたのですが、これは違いました。
次男は何でもかんでも喜んで食べてくれます。https://www.johnrossjr.co/